ひとの感覚に近づく。自動排泄処理装置シャワーパンツ「ひまわり」介護保険給付対象商品

自動排泄処理装置シャワーパンツひまわりの3つの特徴

特徴1

センサーが排尿・排便を検知し、
自動運転を開始

排泄物センサーシステム

カップユニットに内蔵されたセンサーが排尿・排便を検知し、自動運転を開始する機能を搭載しました。就寝時や外出時、介護する方のストレスの軽減や時間の有効利用など、日々の生活にゆとりが生まれます。また、カップユニットは、様々な体型に対応し簡単に装着いただけます。

特徴の写真

特徴2

ひとの肌感覚に近い特殊シリコーンを採用

特殊シリコーン

肌に直接装着するカップユニットの素材は、密着性・撥水性・安全性に優れた「特殊シリコーン」を採用。人口乳房にも使用されている素材で、粘着性があり、長時間にわたり装着していても体に害はなく、尿漏れや水漏れの心配もほとんどありません。

特徴の写真

特徴3

安定した吸引力で、空気・汚物・水分を分離

汚物タンク・セパレーター

排泄物を吸引時に高速で回転、空気と汚物、水分を完全に分離します。フィルターをなくしたことにより、吸引力を安定させ、汚物の詰まりを解消しました。

特徴の写真

ひまわりの使用方法

カップユニットとホースユニットを接続

カップユニット:体に密着するシリコーン製のカップ

ホースユニット:給水チューブ、送風ホース、センサーコードが一体となったユニット

流れ01
1洗浄のための給水チューブと、汚物吸引ホースをカップユニットの接続口に差し込みます。
流れ02
2乾燥のための送風ホースをカップユニットのジョイント口に差し込みます。
流れ03
3排便を検知するセンサーコードプラグを接続します。

ホースユニットと本体を接続

流れ04
1ホースユニットを本体接続口にカチッと音がするまでしっかりと差し込みロックします。正しく接続されていればランプが点灯します。
流れ05
2吸引ホースを本体の汚物タンク吸い込み口に差し込みます。
流れ06
3操作パネルの電源スイッチを押すと自動運転が開始されます。

洗浄水・薬液の補充

流れ07
1操作パネルの「大」「小」「乾燥」のすべてのランプが消えていることを確認し、上ふたを開けます。
流れ08
24リットルの水道水、またはぬるま湯を洗浄水として用意し、給水タンクのキャップを外し、ろうとを使って洗浄水を注ぎ入れます。
流れ09
3薬液タンク(容量:200ml)に弊社指定の薬液を注ぎ入れます。(指定外の洗浄剤や消臭剤を使用すると、膀胱炎や皮膚が炎症を起こす恐れがあります。)
流れ10
4上ふたを下ろし、電源スイッチを押すと自動運転が開始されます。

汚物の廃棄処理

流れ1
1操作パネルの「大」「小」「乾燥」のすべてのランプが消えていることを確認し、上ふたを開けます。
流れ12
2汚物タンクに接続された、ターボファンユニットを上げ、汚物タンクにふたをします。
流れ13
3汚物タンクに差し込まれた吸引ホースを外し、ホース接続部にふたをします。
流れ14
4汚物タンクを引き上げて取り外します。
流れ15
5きれいに洗った汚物タンクを元の位置にセットします。
流れ16
6ターボファンユニットを下げ、吸引ホースをセットし、上ふたを下ろします。
流れ17
7電源スイッチを押すと自動運転が開始されます。

介護者・利用者の声

介護者の声(Aさん)

介護者イメージ

私はこれまで要介護4,5の利用者さんを介護する時間が長かったです。介護業務の中でも一番苦労したのは排泄業務でした。理由は、おむつの中でいつ排泄がされたのかがわからないこと、おむつから排せつ物が漏れてしまうことにより布団の取り換え、利用者の身体に便が付いていることは多々ありました。

また、夜勤であればアラームが鳴り、トイレに誘導することもあり、書類業務ができない時もありました。施設としても労働時間の短縮が課題となっているときに、ケアコミットの自動排泄処理装置「ひまわり」に出会いました。初めは試しに利用させてもらったのですが、体験した利用者が「トイレに行く心配がなくなる」という言葉から数台導入しました。その結果、施設としては夜勤の仕事が効率よくでき、労働時間の問題も解決することができました。介護の労働人口が減少している中で施設としてもロボットを導入することが今後は当たりまえになるのだろうと「ひまわり」を使うことで体感致しました。私たちと利用者の関係を良好に続けるために今後も「ひまわり」を利用していこうと思います。

利用者の声(Bさん)

利用者イメージ

今まで施設の人や家族に介護をしてもらうことが当たり前でした。この年になって親族や他人に下半身を出すのは恥ずかしいものです。しかし、身体は言うことを聞かない状況でどうにもなりませんでした。

今回、「ひまわり」のお試しについて聞き、初めは「お尻が自動できれいになる」、「家族の負担が減る」という言葉から使うことにしました。正直、半信半疑で使用しましたが、使用後に「これはウォーシュレットの進化版である」と思いました。今までは介護士の方に迷惑をかけたくないからトイレを我慢していましたが、「ひまわり」は自動で大便・小便を検知してお尻をきれいにしてくれるので、安心して寝ることができるようになりました。施設の人も以前より優しい顔で接してくれるような気もします。

自動排泄処理装置シャワーパンツひまわりのお問い合わせ

介護保険給付対象商品

介護用品・福祉用具に関するに関するご質問・ご相談・お見積りなど、無料でご対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。