オリックス環境 太陽光パネルの処理サービスを全国展開

3月10日、オリックス環境株式会社が、使用済み太陽光パネル処理サービスの全国展開を発表しました。

同社はオリックスによるリース物件の適正処理によって得られた独自のノウハウ・ネットワークをもとに、太陽光パネルの破砕、埋め立てによる適正処理体制を構築。

寿命を迎えた使用済み太陽光パネルのほか、自然災害によって突発的に故障や破損が生じた太陽光パネルにも対応しています。

また、現状では太陽光パネルの効率的なリサイクル技術は確立されていないため、破砕と埋め立てによる処理が主流です。

同社では今後、会員企業などと協業し、太陽光パネルのリサイクルにも取り組むことを発表しています。

迫る太陽光パネル大量廃棄

2012年の固定価格買取制度(FIT)の導入以降、太陽光発電システムの普及が急速に進んでいます。

太陽光パネルの寿命は20~30年程度と言われているため、2030年代には寿命を迎えた太陽光パネルが急激に増えていきます。

今後も需要が高まる再生可能エネルギー事業と並行して、処理事業や施設の展開が重要となってくるでしょう。

また、廃棄・処理は太陽光発電事業者にとって重要な問題のひとつ。

必要となる費用や展開されているサービスを確認し、太陽光発電設備の寿命に備えておくことも大切です。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 福島水素エネルギー研究フィールドが3月より稼働

    福島県浪江町で整備されていた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、今年の3月に稼働すると発表されました。 FH2Rは太陽光発電の電力を利用し、年間最大900トン...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る

  • 生活クラブ 太陽光発電の収益の一部を山形県酒田市に寄附

    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会は、山形県酒田市に発電事業の収益の一部を寄附しました。 2019年2月、生活クラブは、グループ各団体と提携生産者とともに年間約18000M...続きを見る