パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。

今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容量は111MWを誇ります。

建設工事請負業者にはシャープエネルギーソリューション株式会社を起用しており、運転開始時期は2022年の春頃を予定。

売電期間の18年間のうちに、約90万トンの二酸化炭素排出削減を目指します。

パシフィコ・エナジー株式会社の開発太陽光発電所は今回の建設で12件目となり、累計開発実績は1GWを越えました。

今後も発電所の大型化・効率化により費用低減を目指していくと発表しています。

建設後が本番のメガソーラー

Co2の削減や安全なクリーンエネルギーとして注目を浴びるメガソーラー。

遊休地を活用でき、利益も得られて企業のイメージアップにもなるため、さまざまな企業が参入しています。

しかし、太陽光発電所は設置したら終わりではなく、設備を維持して利益を生み出さなければ意味がありません。

日ごろのメンテナンスや管理によって、将来の利益に大きな差を生みます。

太陽光発電所を持っている企業やご家庭は、今一度メンテナンスについて確認をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る

  • 三井E&S 大分の太陽光発電事業を一般企業に売却

    株式会社三井E&Sホールディングス(以下三井E&S)は、2020年2月27日の取締役会において、太陽光発電事業の売却を決定しました。 今回譲渡が決定した「三井...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る