産電とアローズが業務提携を発表!互いの強みを生かした営業戦略

1月27日レカムは、子会社で太陽光発電の訪問販売・施工を行う株式会社産電と、蓄電池や太陽光発電、住宅リフォーム等の施工・保守を手掛けるアローズコーポレーションが業務提携することを発表しました。

産電が太陽光発電システムを設置した既存顧客に対して、アローズコーポレーションが蓄電池販売のアポイントを取得し、消費者宅への訪問営業は産電が行います。

産電のアポイント営業をアローズコーポレーションに委託する形です。

業務提携による両社のメリットとは?

2社は将来的に協業しての営業も視野に入れています。

アローズコーポレーションは自社コールセンターによりアポイント取得率の高さが売りですが、商談を行う営業マンの数が足りない状況です。

それに対し産電は、約 30 年にわたる顧客への飛び込み直販営業の実績・実力が強み。

協業がうまくいけば、産電がアローズコーポレーションの営業を行うことも視野に入れており、お互いの強みを生かすことでより業務を効率的に遂行できるでしょう。

また、お互いのノウハウを吸収することで、各企業の地力アップも期待ができます。

競合他社との協業は、激化する競争社会を生き抜くためのひとつの手と言えるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

    中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。 太陽光発電設備は中部電力とLo...続きを見る

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る