産電とアローズが業務提携を発表!互いの強みを生かした営業戦略

1月27日レカムは、子会社で太陽光発電の訪問販売・施工を行う株式会社産電と、蓄電池や太陽光発電、住宅リフォーム等の施工・保守を手掛けるアローズコーポレーションが業務提携することを発表しました。

産電が太陽光発電システムを設置した既存顧客に対して、アローズコーポレーションが蓄電池販売のアポイントを取得し、消費者宅への訪問営業は産電が行います。

産電のアポイント営業をアローズコーポレーションに委託する形です。

業務提携による両社のメリットとは?

2社は将来的に協業しての営業も視野に入れています。

アローズコーポレーションは自社コールセンターによりアポイント取得率の高さが売りですが、商談を行う営業マンの数が足りない状況です。

それに対し産電は、約 30 年にわたる顧客への飛び込み直販営業の実績・実力が強み。

協業がうまくいけば、産電がアローズコーポレーションの営業を行うことも視野に入れており、お互いの強みを生かすことでより業務を効率的に遂行できるでしょう。

また、お互いのノウハウを吸収することで、各企業の地力アップも期待ができます。

競合他社との協業は、激化する競争社会を生き抜くためのひとつの手と言えるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 営農型太陽光発電の架台開発 傾斜地での作業、大型農機も使用可能に 

    千葉エコ・エネルギー株式会社と、株式会社クリーンエナジージャパンは、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)のさらなる普及に向け、新しい架台を共同で開発しました。 従来の営農...続きを見る

  • 生活クラブ 太陽光発電の収益の一部を山形県酒田市に寄附

    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会は、山形県酒田市に発電事業の収益の一部を寄附しました。 2019年2月、生活クラブは、グループ各団体と提携生産者とともに年間約18000M...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る