NEDOとパナソニックがペロブスカイト太陽電池モジュールにて世界最高変換効率を達成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とパナソニックは、ペロブスカイト太陽電池モジュールで世界最高のエネルギー変換効率16.09%(2020年1月20日時点)を達成したと発表しました。

パナソニックによる

  • ガラスを基板とする軽量化
  • インクジェット技術による大面積塗布法の開発

などの技術により実現され、実用化と技術確立を進めていきます。

また、今後パナソニックはペロブスカイト層の材料を改善することで更なる高効率化を推進。

生産コストは15円/Wを目指していきます。

低コスト化が期待できるペロブスカイト太陽電池

太陽光発電システムを導入するうえで問題となりやすいのが、コストの高さです。

家庭用でも100万円以上する大きな買い物となるため、一般のご家庭ではなかなか導入を踏み切ることは難しいでしょう。

しかし、今回話題に上がったペロブスカイト太陽光電池は、塗布技術により製造が容易で低コスト化が見込めます。

更に軽量で曲面、曲げにも強く、シリコン系太陽電池では設置が困難な場所にも対応可能。

シリコン系太陽電池と比べると変換効率は低めですが、技術開発による向上スピードは早く、将来的には太陽光電池の主流となりうる存在です。

ペロブスカイト太陽電池の技術が向上していけば、太陽光発電の更なる発展が期待できるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 千葉市が防災計画を改定 避難所に太陽光発電など

    千葉市が地域防災計画の見直しを行います。 2019年の台風15号などによる自然災害を受け、新たな改定計画案をホームページ上で発表。 3月2日まで千葉市民に意見を求め、年...続きを見る

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る

  • コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

    コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。 展示された太陽光発電所ドローン自動...続きを見る