オリックス環境 太陽光パネルの処理サービスを全国展開

3月10日、オリックス環境株式会社が、使用済み太陽光パネル処理サービスの全国展開を発表しました。

同社はオリックスによるリース物件の適正処理によって得られた独自のノウハウ・ネットワークをもとに、太陽光パネルの破砕、埋め立てによる適正処理体制を構築。

寿命を迎えた使用済み太陽光パネルのほか、自然災害によって突発的に故障や破損が生じた太陽光パネルにも対応しています。

また、現状では太陽光パネルの効率的なリサイクル技術は確立されていないため、破砕と埋め立てによる処理が主流です。

同社では今後、会員企業などと協業し、太陽光パネルのリサイクルにも取り組むことを発表しています。

迫る太陽光パネル大量廃棄

2012年の固定価格買取制度(FIT)の導入以降、太陽光発電システムの普及が急速に進んでいます。

太陽光パネルの寿命は20~30年程度と言われているため、2030年代には寿命を迎えた太陽光パネルが急激に増えていきます。

今後も需要が高まる再生可能エネルギー事業と並行して、処理事業や施設の展開が重要となってくるでしょう。

また、廃棄・処理は太陽光発電事業者にとって重要な問題のひとつ。

必要となる費用や展開されているサービスを確認し、太陽光発電設備の寿命に備えておくことも大切です。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る

  • 積水化学 4ヵ所生産工場に太陽光発電を導入

    積水化学工業株式会社は、国内の8ヵ所の生産工場のうち4ヵ所に自家消費型の太陽光発電システムを導入すると発表しました。 今回の太陽光発電の導入は、環境負荷低減に向けた施策として...続きを見る