積水化学 4ヵ所生産工場に太陽光発電を導入

積水化学工業株式会社は、国内の8ヵ所の生産工場のうち4ヵ所に自家消費型の太陽光発電システムを導入すると発表しました。

今回の太陽光発電の導入は、環境負荷低減に向けた施策として実施。

導入が発表された工場は以下の通りです。

  • 東北セキスイハイム工業
  • 中四国セキスイハイム工業
  • 九州セキスハイム工業
  • セキスイハイム工業関東事業所

セキスイハイム工業関東事業所は来年2月導入の予定、ほかの3か所は2月3日までに稼働しています。

積水化学工業株式会社は、すでに住宅生産工場で太陽光発電システムを導入していますが、生産された電気はすべて売っています。

大規模な自家消費型の太陽光発電設備の導入は今回がはじめてです。

自家消費型の太陽光発電を導入するメリットは?

積水化学工業株式会社は、環境問題の解決や盤石な経営基盤の構築を目的としてESG経営を推進。

自家消費型の太陽光発電により、再生可能エネルギーの活用とCo2の低減を目指します。

また、今回の太陽光発電システムにより、約4300万円の電気料金が削減できます。

ブランド力の向上や投資の観点でも、ESG経営は重要です。

世界に環境意識をアピールしつつ、エネルギーコストも抑えられる太陽光発電は、企業にとって大きなメリットを生み出すでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • オリックス環境 太陽光パネルの処理サービスを全国展開

    3月10日、オリックス環境株式会社が、使用済み太陽光パネル処理サービスの全国展開を発表しました。 同社はオリックスによるリース物件の適正処理によって得られた独自のノウハウ・ネ...続きを見る

  • カリフォルニア大学が24時間稼働する太陽光発電のコンセプトを発表

    「太陽光発電は夜に発電できない」 近い将来、その常識は技術の発展により打ち破られるかもしれません。 カリフォルニア大学の教授であるジェレミー・マンデイ氏によると、夜間で...続きを見る

  • 太陽光発電と蓄電池を遠隔制御 山口県と中国電力が実証試験

    山口県と中国電力株式会社は,県有施設に設置している太陽光発電所と蓄電池設備の遠隔制御技術の実証試験を3月から開始します。 今回の実証実験は、地域の防災機能の向上や太陽光発電の...続きを見る