エクソルが太陽光発電用の外部コンセントキットを発売 災害時の非常用電源に

株式会社エクソルから、太陽光発電所の自立運転機能用外部コンセントキット「救電BOX」の発売が発表されました。

新設・既設問わず、野立て太陽光発電所に取り付けることで、停電などの非常時に電力を使用することができます。

太陽光発電所用の非常用コンセントBOXの販売は業界初。

屋内外に設置できるキャビネット仕様で、パワーコンディショナーに接続するためのケーブルの長さを調節することにより、架台や発電所のフェンス、建物の壁など、さまざまな場所に設置が可能です。

災害時に役立つ太陽光発電所の外部コンセント

これまでパワーコンディショナーに自立運転機能が付いていても、電気を取り出すための外部コンセントが設置されていない太陽光発電所では災害時に電力を活用できませんでした。

停電時、太陽光発電所で創った電気は売電することができず無駄になってましたが、給電BOXを取り付けることで停電時の非常用電源として、損失の低減と地域貢献を同時に行うことができます。

モバイルバッテリーや電気自動車の充電も可能となり、停電時の電力問題を軽減してくれるでしょう。

災害時の非常用電源として注目される太陽光発電。

給電BOXなどにより気軽に活用できる施設が増えれば、今後ますます需要は高まるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

    2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。 新たな価格設定は下記のようになります。...続きを見る

  • 2/26 スマートエネルギーWeek 2020が開幕

    世界最大級のエネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイトにて開幕します。 開催期間は2020年2月26日(水)~2月28日(金)。 1,5...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る