2/28 太陽光発電の運用保守と資産管理について学ぶディナーイベントが開催

2020年6月4日、5日に開催される「ソーラーアセットマネジメントアジア」に先駆けたプレイベントが、2020年2月28日(金)18:00~21:00に催されます。

「ソーラーアセットマネジメントアジア」は、業界が抱える問題に焦点を当て、太陽光発電に関する技術や資産運用についての議論や交流を行う国際的なイベント。

今回催されるプレイベントは上記イベントに先駆けて「太陽光発電所のO&M、アセットマネジメントの最適化」をテーマに交流・講演を行うディナーイベントです。

参加対象者は「国内で太陽光発電事業に関わる方」で、費用は5500円(税込み)。

オリックス株式会社や株式会社CO2Oといった、実力ある事業者がアセットマネジメントについての講演を予定します。

講演後は30分のネットワーキングタイムを設けており、食事をしながらほかの事業者との交流が可能です。

勉強と交流で企業を強くする

このようなイベントは、再生可能エネルギー事業に関わるビジネスパーソンにとっては、知識と人脈を得られるチャンス。

企業の成長において、人財育成と他社とのコネクションは重要といえます。

事業発展の足掛かりとして、今回のイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 新日本エネックスが太陽光発電のアフターメンテナンスに注力!その効果は?

    太陽光発電システムの販売を行う株式会社 新日本エネックスでは、既存顧客へのアフターメンテナンスに注力しています。 新日本エネックスでは、太陽光発電システムなどを設置した顧客を...続きを見る

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る