カナディアンソーラー メキシコにてTechgen, S.A. de C.V.社とPPA締結

3月13日、カナディアン・ソーラーはTechgen, S.A. de C.V.社とPPA(電力販売契約)を締結しました。

PPA締結によりカナディアン・ソーラーは、メキシコ・サカテカス州オジョカリエンテ市にある太陽光発電プロジェクトの資金調達と建設が可能となります。

このプロジェクトは同社の太陽光モジュールを使った出力103MWpを誇るメガソーラーで、2021年に稼働を開始する予定です。

カナディアン・ソーラーはすでにメキシコで4件(累計438MWp)の太陽光発電プロジェクトを長期入札で落札しており、メキシコでの事業拡大に意欲的です。

メキシコの再生エネルギー事情

メキシコは平均日射量がおおく、風の強い地域もあることから再生可能エネルギー資源が豊富な国です。

また政府の目標として総発電量に対する再生可能エネルギーの割合を2024年に35%、2035年に40%、2050年に50%まで引き上げるとしており、活気のある再エネ市場として近年注目を集めています。

日本の企業もメキシコでの太陽光発電事業への参入を行っており、今回のPPAのようなメガソーラー事業も活発です。

再生可能エネルギー事業として、今後も動向に目が離せない国といえるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 営農型太陽光発電の架台開発 傾斜地での作業、大型農機も使用可能に 

    千葉エコ・エネルギー株式会社と、株式会社クリーンエナジージャパンは、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)のさらなる普及に向け、新しい架台を共同で開発しました。 従来の営農...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

    中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。 太陽光発電設備は中部電力とLo...続きを見る