中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。

太陽光発電設備は中部電力とLooopが商業施設の屋上に設置し、保守・点検を実施。

イオンモールは初期費用なしで太陽光発電を利用でき、電力・設備利用サービス料などを中部電力に支払います。

同サービスによりCo2を排出しないクリーンな電力を活用できるほか、災害時の非常用発電所としての地域貢献にも期待ができます。

今回太陽光発電設備が設置される商業施設は、以下の通りです。

  • イオンモール松本(長野県松本市)
  • イオンモール津南(三重県津市)

サービスは2020年6月から開始予定で、すでに同サービスを導入しているイオン藤井寺ショッピングセンター(大阪府藤井寺市)と合わせて3つの商業施設が太陽光発電を利用します。

脱炭素社会に向けて環境負荷を低減

イオンモールは環境負荷を低減し、地域の環境と調和するまちづくりを推進することで、「脱炭素社会」の実現を目指すと表明しています。

環境大臣の発表から2050年Co2排出ゼロを目指す企業が多く、イオンモールもそのひとつです。

地球環境の改善のため、脱炭素社会に向けて再生可能エネルギーを活用する動きは活発になっていくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • エクソルが太陽光発電用の外部コンセントキットを発売 災害時の非常用電源に

    株式会社エクソルから、太陽光発電所の自立運転機能用外部コンセントキット「救電BOX」の発売が発表されました。 新設・既設問わず、野立て太陽光発電所に取り付けることで、停電など...続きを見る

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る