中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。

太陽光発電設備は中部電力とLooopが商業施設の屋上に設置し、保守・点検を実施。

イオンモールは初期費用なしで太陽光発電を利用でき、電力・設備利用サービス料などを中部電力に支払います。

同サービスによりCo2を排出しないクリーンな電力を活用できるほか、災害時の非常用発電所としての地域貢献にも期待ができます。

今回太陽光発電設備が設置される商業施設は、以下の通りです。

  • イオンモール松本(長野県松本市)
  • イオンモール津南(三重県津市)

サービスは2020年6月から開始予定で、すでに同サービスを導入しているイオン藤井寺ショッピングセンター(大阪府藤井寺市)と合わせて3つの商業施設が太陽光発電を利用します。

脱炭素社会に向けて環境負荷を低減

イオンモールは環境負荷を低減し、地域の環境と調和するまちづくりを推進することで、「脱炭素社会」の実現を目指すと表明しています。

環境大臣の発表から2050年Co2排出ゼロを目指す企業が多く、イオンモールもそのひとつです。

地球環境の改善のため、脱炭素社会に向けて再生可能エネルギーを活用する動きは活発になっていくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

    コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。 展示された太陽光発電所ドローン自動...続きを見る

  • NEDOとパナソニックがペロブスカイト太陽電池モジュールにて世界最高変換効率を達成

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とパナソニックは、ペロブスカイト太陽電池モジュールで世界最高のエネルギー変換効率16.09%(2020年1月20日時点)を達成したと発...続きを見る

  • 欧州宇宙機関(ESA) 極薄の太陽電池の開発

    欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙で使用する設備の重量出力比を向上させるため、柔軟・極薄の太陽電池の開発を行っています。 開発中の太陽電池は厚さ0.02 mmと非常に薄く、曲げる...続きを見る