コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。

展示された太陽光発電所ドローン自動点検サービス「AIJO Check Solar」は2019年12月9日に開始されたWEBサービス。

サービスの内容は、ドローンで撮影したサーモグラフィー写真から太陽光パネルの状態をAIで判断、太陽光発電所パネルの点検に関する報告書の製作を自動で行います。

ドローンによる写真撮影は、提携しているドローン業者に依頼できるほか、利用者が撮影することも可能です。

太陽光発電所の保守・点検を効率化することができ、2メガワットソーラーの場合、結果分析・報告書作成を30分程度に短縮できると謳っています。

広がる太陽光発電×最新技術

近年、各企業では最新技術を活用しての効率化・低コスト化が推進されています。

今回のようなドローンによる点検、AIを活用した余剰電力の管理システム、発電所のIoT化など、今後も新しい技術を取り入れたサービスが発展していくでしょう。

これからの太陽光発電事業の発展を担う企業には、さまざまな最新技術を利用するための、広い視野が求められるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • LGエレクトロニクス 2019年第4四半期と通年の業績を発表

    韓国の電子機器メーカーLGエレクトロニクスが、2019年10~12月の第4四半期と通年の業績を発表しました。 第4四半期の売上高は16兆612億ウォン。 前年同期に対し...続きを見る

  • 東北電力 選べる2プランの卒FIT向け新サービスを開始

    3月16日、東北電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終わる太陽光発電ユーザー向けの新サービス「よりそうスマートホーム+」を発表しました。 同サー...続きを見る

  • 営農型太陽光発電の架台開発 傾斜地での作業、大型農機も使用可能に 

    千葉エコ・エネルギー株式会社と、株式会社クリーンエナジージャパンは、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)のさらなる普及に向け、新しい架台を共同で開発しました。 従来の営農...続きを見る