コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。

展示された太陽光発電所ドローン自動点検サービス「AIJO Check Solar」は2019年12月9日に開始されたWEBサービス。

サービスの内容は、ドローンで撮影したサーモグラフィー写真から太陽光パネルの状態をAIで判断、太陽光発電所パネルの点検に関する報告書の製作を自動で行います。

ドローンによる写真撮影は、提携しているドローン業者に依頼できるほか、利用者が撮影することも可能です。

太陽光発電所の保守・点検を効率化することができ、2メガワットソーラーの場合、結果分析・報告書作成を30分程度に短縮できると謳っています。

広がる太陽光発電×最新技術

近年、各企業では最新技術を活用しての効率化・低コスト化が推進されています。

今回のようなドローンによる点検、AIを活用した余剰電力の管理システム、発電所のIoT化など、今後も新しい技術を取り入れたサービスが発展していくでしょう。

これからの太陽光発電事業の発展を担う企業には、さまざまな最新技術を利用するための、広い視野が求められるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 福島水素エネルギー研究フィールドが3月より稼働

    福島県浪江町で整備されていた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、今年の3月に稼働すると発表されました。 FH2Rは太陽光発電の電力を利用し、年間最大900トン...続きを見る

  • 産電とアローズが業務提携を発表!互いの強みを生かした営業戦略

    1月27日レカムは、子会社で太陽光発電の訪問販売・施工を行う株式会社産電と、蓄電池や太陽光発電、住宅リフォーム等の施工・保守を手掛けるアローズコーポレーションが業務提携することを発...続きを見る

  • 京都府 公式HPにて家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけ

    3月12日、京都府は公式HPにて、家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけるコンテンツを掲載しました。 太陽光発電設備の長期安定的な活用を目指して(京都府) コンテンツに...続きを見る