宇都宮市清原工業団地で事業所間連携によるスマエネ事業が開始

栃木県宇都宮市にて、スマエネ事業が本格始動しました。

今回の事業は、清原工業団地内に「清原スマートエネルギーセンター」を設立し、連携企業間で電力と熱を共有することで、エネルギーの無駄を減らす試みです。

参加する企業は以下の5社。

  • カルビー株式会社
  • キヤノン株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 東京ガス株式会社
  • 東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES)株式会社

東京ガスの完全子会社である、TGESが清原スマートエネルギーセンターを運営。

カルビー、キヤノン、久光製薬の事業所7カ所へエネルギーを供給します。

スマエネ事業の取り組みと効果は?

清原スマートエネルギーセンターでは、ガスコージェネレーションシステム、貫流ボイラ、太陽光発電システムを稼働させ、熱と電気を生み出します。

各連携会社と清原スマートエネルギーセンターで通信を行い、それぞれの事業所に必要なエネルギーを効率良く分配。

エネルギー生産の無駄をなくすことで、事業所単独でのエネルギー利用と比べ、約20%の省エネとCO2排出量の削減を実現可能です。

日本は「環境後進国」ともいわれ、第25回COPでは地球温暖化対策に消極的な国として化石賞を授与されています。

今回の取り組みを皮切りに、環境意識の向上とエネルギー利用の効率化が進むことを願っています。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る

  • 福島水素エネルギー研究フィールドが3月より稼働

    福島県浪江町で整備されていた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、今年の3月に稼働すると発表されました。 FH2Rは太陽光発電の電力を利用し、年間最大900トン...続きを見る

  • 宮城県丸森町 再エネ計画の説明義務化にむけて条例制定の方針を固める

    宮城県丸森町は、太陽光発電などの再生可能エネルギー発電所の設置を計画する事業者に、町との事前協議や住民説明会を義務付ける条例を制定する方針を固めました。 同条例は3月3日の町...続きを見る