イオン初の再生可能エネルギー100%使用店舗が運営開始

イオン株式会社の運営する2つの商業施設が、使用電力すべてを再生可能エネルギーでまかなう店舗として運営を開始しました。

実施店舗は下記の施設です。

  • イオンスタイル海老江
  • イオン藤井寺ショッピングセンター

該当施設では、新たな省エネルギーの取り組みに加えて、イオン藤井寺ショッピングセンターでは、屋上に設置した太陽光発電によるPPAモデルの導入によって電力を自家消費します。

また、不足分の電力は関西電力の「再エネECOプラン」を利用して再生可能エネルギーの調達。

イオンスタイル海老江も同プランにより再生可能エネルギーを使用します。

イオンの掲げる脱炭素活動

イオン株式会社は、2008年から地球温暖化防止の取り組みとして、エネルギーとCo2排出量の削減に取り組んできました。

2018年3月には、新たな挑戦として「イオン脱炭素ビジョン2050」を発表。

2050年までに店舗で排出するCo2等をゼロにすることを目標に掲げています。

また、中間目標として2030年までにCO2排出量を2010年比で35%低減するとしており、達成手段として店舗使用の電力の削減、再エネ転換をする旨を公表しています。

目標達成に向け、今後もイオンの商業施設では再生可能エネルギー100%の店舗が増えていくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る

  • 大成建設がZEB実証棟リニューアル ZEB+ウエルネスの両立へ

    大成建設株式会社は、神奈川県横浜市にある技術センターのZEB実証棟をリニューアルしました。 ZEB実証棟では、省エネルギー技術や太陽光発電により、ビルで使用する年間エネルギー...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る