熊本県 太陽光発電保守点検についてのリーフレットと事業者のデータベースを公開

2月28日、熊本県は県内の太陽光発電所に対する、保守点検についてのリーフレットと保守点検事業者のデータベースを公開しました。

リーフレットの作成にあたり、熊本県と熊本市が連携して太陽光発電事業者へアンケートを実施。

太陽光発電事業を、長期・安定的に運用するためには適切な保守点検を行っていくことが重要として、保守点検の実態と必要性を記しています。

アンケートから見る保守点検の実態とは

熊本県の公開したリーフレットによると、太陽光発電事業者へのアンケート結果は下記のようになっています。

  • 熊本県内の発電所は9割以上がメンテナンスを実施
  • 柵や標識の設置は小さな発電所を中心に2~3割ほど行われていない
  • 太陽光発電事業の困りごとは「雑草対策」と「出力抑制による収入減」が多い

また、太陽光発電事業の困りごととして挙げられた内容は下記のとおりです。

  • 雑草対策
  • 出力抑制による収入減
  • パネルの汚れ
  • 落雷・獣害による設備の故障
  • 出力抑制に関係する連絡や手続き

太陽光発電所の長期運用や法令遵守のため、メンテナンスを行う事業者は多いものの、一部では行われていません。

困りごととして挙げられる「雑草対策」や「パネルの汚れ」は定期的なメンテナンスにより解決できるため、積極的にメンテナンスをするべきでしょう。

また、FIT法に認定された太陽光発電所は、設備の保守点検と定期報告が義務付けられているため、必ず定期点検を行いましょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 京都府 公式HPにて家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけ

    3月12日、京都府は公式HPにて、家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけるコンテンツを掲載しました。 太陽光発電設備の長期安定的な活用を目指して(京都府) コンテンツに...続きを見る

  • 欧州宇宙機関(ESA) 極薄の太陽電池の開発

    欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙で使用する設備の重量出力比を向上させるため、柔軟・極薄の太陽電池の開発を行っています。 開発中の太陽電池は厚さ0.02 mmと非常に薄く、曲げる...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る