経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。

新たな価格設定は下記のようになります。

  • 住宅用太陽光発電(10kW未満):21円/kWh
  • 事業用太陽光発電(10kW以上50kW未満):13円/kWh
  • 事業用太陽光発電(50kW以上250kW未満):12円/kWh
  • 250kW以上の事業用太陽光発電は入札制度で価格を決定

2019年度と比較して、すべての買取価格が1~3円ほど値下がりする結果となりました。

また、上記の買取価格を踏まえて、2020年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.98円となります。

地域活用要件など新たな認定も

10kW以上50kW未満の小規模事業用太陽光発電は「地域活用要件」により、FIT認定を受ける要件が変化します。

  • 「自家消費比率」30%以上
  • 災害時の活用が可能なこと

あくまで自己消費型の太陽光発電に限り、余剰電力のみ販売に対応

小規模の野立て型の全量売電モデル事業については、FIT制度を利用できなくなるでしょう。

地域活用要件はほかのモデルにも展開されるよう検討が進められており、今後太陽光発電は商業施設などと併設したものが増えていく可能性が高くなります。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 災害時にも使える!太陽光発電を取り付けた軽トラキャンピングカー

    最近注目を集めている「軽トラキャンピングカー」をご存じでしょうか? 軽トラックの荷台に小屋を付けて寝泊りできるようにした、手作りのキャンピングカーです。 DIYで小屋を...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る