経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。

新たな価格設定は下記のようになります。

  • 住宅用太陽光発電(10kW未満):21円/kWh
  • 事業用太陽光発電(10kW以上50kW未満):13円/kWh
  • 事業用太陽光発電(50kW以上250kW未満):12円/kWh
  • 250kW以上の事業用太陽光発電は入札制度で価格を決定

2019年度と比較して、すべての買取価格が1~3円ほど値下がりする結果となりました。

また、上記の買取価格を踏まえて、2020年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.98円となります。

地域活用要件など新たな認定も

10kW以上50kW未満の小規模事業用太陽光発電は「地域活用要件」により、FIT認定を受ける要件が変化します。

  • 「自家消費比率」30%以上
  • 災害時の活用が可能なこと

あくまで自己消費型の太陽光発電に限り、余剰電力のみ販売に対応

小規模の野立て型の全量売電モデル事業については、FIT制度を利用できなくなるでしょう。

地域活用要件はほかのモデルにも展開されるよう検討が進められており、今後太陽光発電は商業施設などと併設したものが増えていく可能性が高くなります。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 積水化学 4ヵ所生産工場に太陽光発電を導入

    積水化学工業株式会社は、国内の8ヵ所の生産工場のうち4ヵ所に自家消費型の太陽光発電システムを導入すると発表しました。 今回の太陽光発電の導入は、環境負荷低減に向けた施策として...続きを見る

  • 千葉市が防災計画を改定 避難所に太陽光発電など

    千葉市が地域防災計画の見直しを行います。 2019年の台風15号などによる自然災害を受け、新たな改定計画案をホームページ上で発表。 3月2日まで千葉市民に意見を求め、年...続きを見る

  • LGエレクトロニクス 2019年第4四半期と通年の業績を発表

    韓国の電子機器メーカーLGエレクトロニクスが、2019年10~12月の第4四半期と通年の業績を発表しました。 第4四半期の売上高は16兆612億ウォン。 前年同期に対し...続きを見る