LGエレクトロニクス 2019年第4四半期と通年の業績を発表

韓国の電子機器メーカーLGエレクトロニクスが、2019年10~12月の第4四半期と通年の業績を発表しました。

第4四半期の売上高は16兆612億ウォン。

前年同期に対して1.8%増しており、営業利益は34.5%増の1,018億ウォン。

2019年度の通年売上高は62兆3,062億ウォンで、前年と比べて1.6%増していましたが、営業利益は9.9%減の2兆4,361億ウォンでした。

また、下記の2部門が過去最高の売上高と営業利益を記録しています。

  • ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション部門(空気清浄機、掃除機などの生活家電)
  • ビジネス・ソリューションズ部門(デジタルサイネージ、ソーラー事業など)

伸び幅を見せるビジネス・ソリューション部門

ビジネス・ソリューション部門は、前年同期と比べて売上高は12.5%増、営業利益は約4.5倍と大きな伸び幅を見せています。

LGエレクトロニクスは太陽光発電モジュールも生産・販売しており、生産性を向上させることで2019年第4四半期の営業利益にも貢献しています。

太陽光発電モジュールは販売好調と発表されており、今後企業のESG経営などでますます太陽光発電の需要増加が期待されます。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る

  • オリックス環境 太陽光パネルの処理サービスを全国展開

    3月10日、オリックス環境株式会社が、使用済み太陽光パネル処理サービスの全国展開を発表しました。 同社はオリックスによるリース物件の適正処理によって得られた独自のノウハウ・ネ...続きを見る