ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。

社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関投資家限定)(グリーンボンド)」で、資金は太陽光発電事業と小形風力発電事業に充てられます。

払込期日 は2月28日で、発行年限は10年。

投資表明機関は以下の通りです。

  • 株式会社伊予銀行
  • 株式会社愛媛銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社三菱 UFJ銀行
  • 株式会社みずほ銀行

日本でも広がりを見せる環境債(グリーンボンド)

環境債はグリーンボンドとも呼ばれ、環境問題を解決する事業の資金を調達するための債券です。

近年、環境債は日本でも発行数が増えてきました。

2019年には発行総額は約8238億円、発行件数は58件にのぼります。

発行件数が伸びはじめた2017年と比べると約3.7倍となり、今後も国内での広がりを見せるでしょう。

国際的にもESG投資として注目度が高く、いままでの株式や債券では縁のなかった投資家から融資を受けられる可能性もあります。

日本の環境問題を改善する一助となりうる環境債。

企業と顧客(投資家)が手を取り合い、より良い日本環境を作っていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 福島水素エネルギー研究フィールドが3月より稼働

    福島県浪江町で整備されていた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、今年の3月に稼働すると発表されました。 FH2Rは太陽光発電の電力を利用し、年間最大900トン...続きを見る

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る