ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。

社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関投資家限定)(グリーンボンド)」で、資金は太陽光発電事業と小形風力発電事業に充てられます。

払込期日 は2月28日で、発行年限は10年。

投資表明機関は以下の通りです。

  • 株式会社伊予銀行
  • 株式会社愛媛銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社三菱 UFJ銀行
  • 株式会社みずほ銀行

日本でも広がりを見せる環境債(グリーンボンド)

環境債はグリーンボンドとも呼ばれ、環境問題を解決する事業の資金を調達するための債券です。

近年、環境債は日本でも発行数が増えてきました。

2019年には発行総額は約8238億円、発行件数は58件にのぼります。

発行件数が伸びはじめた2017年と比べると約3.7倍となり、今後も国内での広がりを見せるでしょう。

国際的にもESG投資として注目度が高く、いままでの株式や債券では縁のなかった投資家から融資を受けられる可能性もあります。

日本の環境問題を改善する一助となりうる環境債。

企業と顧客(投資家)が手を取り合い、より良い日本環境を作っていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • オランジュとエナジービジョンが太陽光発電所向けO&M事業での協業を発表

    2020年3月2日、オランジュ株式会社と株式会社エナジービジョンは、低圧太陽光発電所向けO&M(運転・維持管理)事業にて、協業を行うと発表しました。 協業の背景には、多くの低...続きを見る

  • 千葉市が防災計画を改定 避難所に太陽光発電など

    千葉市が地域防災計画の見直しを行います。 2019年の台風15号などによる自然災害を受け、新たな改定計画案をホームページ上で発表。 3月2日まで千葉市民に意見を求め、年...続きを見る

  • コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

    コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。 展示された太陽光発電所ドローン自動...続きを見る