オランジュとエナジービジョンが太陽光発電所向けO&M事業での協業を発表

2020年3月2日、オランジュ株式会社と株式会社エナジービジョンは、低圧太陽光発電所向けO&M(運転・維持管理)事業にて、協業を行うと発表しました。

協業の背景には、多くの低圧太陽光発電所においてO&Mが十分に実施されていないために、全国的に多くのトラブルが発生していることがあります。

低圧太陽光発電所は全国に約60万件が分散設置されており、10kW以上太陽光発電の導入容量で約36%を占める重要な電源になっています。

自然災害時に分散された発電所として重要視され、今後も安定した電源として活用できるよう、O&M事業の強化を目指し2社は協業することとなりました。

目指すは次世代型O&Mの普及

今回の協業では、次世代型O&M(O&M Ver2.0)の開発と普及を目標として掲げています。

より発電事業者の安全と収益に貢献できる、効率的なO&Mサービスを展開。

発電事業者の自主管理状況に応じて、下記のサービスを想定しています。

  • 自主管理支援サービス
  • 簡易O&Mサービス
  • フルO&Mサービス

それぞれの発電所ごとに必要とされるサービスを提供することで、コストを抑えながらも有効的な保守・管理ができるでしょう。

太陽光発電所が安定して電力を生み出すには、メンテナンスは必須です。

今後太陽光発電所が増えていくとともに、さらにO&M事業の需要は増していくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • ジンコソーラー株式会社 十和田太陽光発電所に18MWのCheetahモジュールを供給

    2020年2月20日、ジンコソーラージャパン株式会社は十和田太陽光発電所に、18MWの太陽光発電モジュールを供給したと発表しました。 十和田太陽光発電所は2019年11月に商...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

    中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。 太陽光発電設備は中部電力とLo...続きを見る