オランジュとエナジービジョンが太陽光発電所向けO&M事業での協業を発表

2020年3月2日、オランジュ株式会社と株式会社エナジービジョンは、低圧太陽光発電所向けO&M(運転・維持管理)事業にて、協業を行うと発表しました。

協業の背景には、多くの低圧太陽光発電所においてO&Mが十分に実施されていないために、全国的に多くのトラブルが発生していることがあります。

低圧太陽光発電所は全国に約60万件が分散設置されており、10kW以上太陽光発電の導入容量で約36%を占める重要な電源になっています。

自然災害時に分散された発電所として重要視され、今後も安定した電源として活用できるよう、O&M事業の強化を目指し2社は協業することとなりました。

目指すは次世代型O&Mの普及

今回の協業では、次世代型O&M(O&M Ver2.0)の開発と普及を目標として掲げています。

より発電事業者の安全と収益に貢献できる、効率的なO&Mサービスを展開。

発電事業者の自主管理状況に応じて、下記のサービスを想定しています。

  • 自主管理支援サービス
  • 簡易O&Mサービス
  • フルO&Mサービス

それぞれの発電所ごとに必要とされるサービスを提供することで、コストを抑えながらも有効的な保守・管理ができるでしょう。

太陽光発電所が安定して電力を生み出すには、メンテナンスは必須です。

今後太陽光発電所が増えていくとともに、さらにO&M事業の需要は増していくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る

  • NEDOとパナソニックがペロブスカイト太陽電池モジュールにて世界最高変換効率を達成

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とパナソニックは、ペロブスカイト太陽電池モジュールで世界最高のエネルギー変換効率16.09%(2020年1月20日時点)を達成したと発...続きを見る

  • 三井E&S 大分の太陽光発電事業を一般企業に売却

    株式会社三井E&Sホールディングス(以下三井E&S)は、2020年2月27日の取締役会において、太陽光発電事業の売却を決定しました。 今回譲渡が決定した「三井...続きを見る