オランジュとエナジービジョンが太陽光発電所向けO&M事業での協業を発表

2020年3月2日、オランジュ株式会社と株式会社エナジービジョンは、低圧太陽光発電所向けO&M(運転・維持管理)事業にて、協業を行うと発表しました。

協業の背景には、多くの低圧太陽光発電所においてO&Mが十分に実施されていないために、全国的に多くのトラブルが発生していることがあります。

低圧太陽光発電所は全国に約60万件が分散設置されており、10kW以上太陽光発電の導入容量で約36%を占める重要な電源になっています。

自然災害時に分散された発電所として重要視され、今後も安定した電源として活用できるよう、O&M事業の強化を目指し2社は協業することとなりました。

目指すは次世代型O&Mの普及

今回の協業では、次世代型O&M(O&M Ver2.0)の開発と普及を目標として掲げています。

より発電事業者の安全と収益に貢献できる、効率的なO&Mサービスを展開。

発電事業者の自主管理状況に応じて、下記のサービスを想定しています。

  • 自主管理支援サービス
  • 簡易O&Mサービス
  • フルO&Mサービス

それぞれの発電所ごとに必要とされるサービスを提供することで、コストを抑えながらも有効的な保守・管理ができるでしょう。

太陽光発電所が安定して電力を生み出すには、メンテナンスは必須です。

今後太陽光発電所が増えていくとともに、さらにO&M事業の需要は増していくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る

  • コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

    コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。 展示された太陽光発電所ドローン自動...続きを見る

  • 宮城県丸森町 再エネ計画の説明義務化にむけて条例制定の方針を固める

    宮城県丸森町は、太陽光発電などの再生可能エネルギー発電所の設置を計画する事業者に、町との事前協議や住民説明会を義務付ける条例を制定する方針を固めました。 同条例は3月3日の町...続きを見る