新日本エネックスが太陽光発電のアフターメンテナンスに注力!その効果は?

太陽光発電システムの販売を行う株式会社 新日本エネックスでは、既存顧客へのアフターメンテナンスに注力しています。

新日本エネックスでは、太陽光発電システムなどを設置した顧客を約1年後に訪問。

太陽光発電システムを含めた、顧客の住宅状況全体を無料で点検。

不具合があれば対応内容を提案しています。

アフターメンテナンスに関わる事業は約3年前から続けており、

  • 太陽光発電システム事業の持続性向上
  • 社員の技術力、営業力の向上
  • 住宅リフォームと併せて住宅整備の企画
  • 既存顧客のリピート率増加

など、多くのメリットを生み出しています。

顧客から見たアフターメンテナンスの安心感

太陽光発電システムは、一般家庭にとっては大きな買い物です。

システムを維持できなければ損失も大きく、無料で点検を受けられるのは大きな安心感につながります。

また、アフターサービスが充実していると信頼感に繋がりやすく、同じ会社でほかのリフォームサービスなどを利用する顧客も多くなるでしょう。

太陽光発電システムの導入が進むにつれて、新規顧客だけでなく、既存顧客との繋がりも重要度が増してきます。

今後の太陽光発電事業の発展には、既存顧客との信頼感を高められるアフターサービスと、その内容の差別化が必要です。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 東北電力 選べる2プランの卒FIT向け新サービスを開始

    3月16日、東北電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終わる太陽光発電ユーザー向けの新サービス「よりそうスマートホーム+」を発表しました。 同サー...続きを見る

  • オランジュとエナジービジョンが太陽光発電所向けO&M事業での協業を発表

    2020年3月2日、オランジュ株式会社と株式会社エナジービジョンは、低圧太陽光発電所向けO&M(運転・維持管理)事業にて、協業を行うと発表しました。 協業の背景には、多くの低...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る