大成建設がZEB実証棟リニューアル ZEB+ウエルネスの両立へ

大成建設株式会社は、神奈川県横浜市にある技術センターのZEB実証棟をリニューアルしました。

ZEB実証棟では、省エネルギー技術や太陽光発電により、ビルで使用する年間エネルギー収支ゼロを5年間継続。

今回のリニューアルでは新技術やAI、IoTを活用することで、ZEBとウエルネスを両立させる「人と空間のラボ」を実現しました。

  • 高効率壁面太陽光発電パネルへの更新
  • 高断熱・高性能ガラスへの更新
  • 高エネルギー効率型ビル用マルチエアコンの追加
  • 事前申告による個人毎照明、空調自動制御
  • IoTセンサーによる建物内環境情報の見える化

など、これらの技術的なリニューアルによってより効率的なエネルギー運用を実現。

また、屋外・歩行者の視線遮断シェルフスクリーンなどにより、人々が働きやすい環境づくりにも力を入れることで、健康的な運営にも力を入れています。

注目が集まるZEB

ZEBとは、「Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の略称です。

太陽光発電などの再生可能エネルギーと省エネ技術を取り入れることで、エネルギー収支ゼロを目指す建物のことを指します。

温暖化対策や緊急時の避難場所としても有用で、環境省からも推奨された取り組みです。

建築物のZEB化への補助制度もあり、人と環境にやさしい建物が今後も増えていくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 欧州宇宙機関(ESA) 極薄の太陽電池の開発

    欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙で使用する設備の重量出力比を向上させるため、柔軟・極薄の太陽電池の開発を行っています。 開発中の太陽電池は厚さ0.02 mmと非常に薄く、曲げる...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る

  • 新日本エネックスが太陽光発電のアフターメンテナンスに注力!その効果は?

    太陽光発電システムの販売を行う株式会社 新日本エネックスでは、既存顧客へのアフターメンテナンスに注力しています。 新日本エネックスでは、太陽光発電システムなどを設置した顧客を...続きを見る