大成建設がZEB実証棟リニューアル ZEB+ウエルネスの両立へ

大成建設株式会社は、神奈川県横浜市にある技術センターのZEB実証棟をリニューアルしました。

ZEB実証棟では、省エネルギー技術や太陽光発電により、ビルで使用する年間エネルギー収支ゼロを5年間継続。

今回のリニューアルでは新技術やAI、IoTを活用することで、ZEBとウエルネスを両立させる「人と空間のラボ」を実現しました。

  • 高効率壁面太陽光発電パネルへの更新
  • 高断熱・高性能ガラスへの更新
  • 高エネルギー効率型ビル用マルチエアコンの追加
  • 事前申告による個人毎照明、空調自動制御
  • IoTセンサーによる建物内環境情報の見える化

など、これらの技術的なリニューアルによってより効率的なエネルギー運用を実現。

また、屋外・歩行者の視線遮断シェルフスクリーンなどにより、人々が働きやすい環境づくりにも力を入れることで、健康的な運営にも力を入れています。

注目が集まるZEB

ZEBとは、「Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の略称です。

太陽光発電などの再生可能エネルギーと省エネ技術を取り入れることで、エネルギー収支ゼロを目指す建物のことを指します。

温暖化対策や緊急時の避難場所としても有用で、環境省からも推奨された取り組みです。

建築物のZEB化への補助制度もあり、人と環境にやさしい建物が今後も増えていくでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • カナディアンソーラー メキシコにてTechgen, S.A. de C.V.社とPPA締結

    3月13日、カナディアン・ソーラーはTechgen, S.A. de C.V.社とPPA(電力販売契約)を締結しました。 PPA締結によりカナディアン・ソーラーは、メキシコ・...続きを見る

  • 東北電力 選べる2プランの卒FIT向け新サービスを開始

    3月16日、東北電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終わる太陽光発電ユーザー向けの新サービス「よりそうスマートホーム+」を発表しました。 同サー...続きを見る

  • 宇都宮市清原工業団地で事業所間連携によるスマエネ事業が開始

    栃木県宇都宮市にて、スマエネ事業が本格始動しました。 今回の事業は、清原工業団地内に「清原スマートエネルギーセンター」を設立し、連携企業間で電力と熱を共有することで、エネルギ...続きを見る