エコの輪クラウドファンディング 4・9号ファンドの運用・分配実績を発表

株式会社エコスタイルは、エコの輪太陽光発電ファンド4号と9号の運用・分配実績を発表しました。

「エコの輪クラウドファンディング」は、エコスタイルが展開する1口1万円から投資が可能な太陽光投資ファンド事業です。

4号ファンド4期目の年間総発電量は262,845kWhで、予想発電量に対して117.02%となり、システムの予想を上回る結果となりました。

1口当たりの分配額は、計画比114.91%となる56,251円。

9号ファンド3期目の年間総発電量は190,910kWhとなり、予想発電量に対して112.53%と、4号ファンドと同様好調となっています。

1口あたりの分配額は、計画比112.44%にあたる8,500円です。

どちらも春から秋にかけての発電量の予想を上回る月が多く、好調な運用を後押しする結果となりました。

参入の敷居を下げるクラウドファンディング

太陽光発電は設置に多額の資金が必要となり、資産の運用という面では参入が難しい面がありました。

今回のようなクラウドファンディング型の投資であれば、小額からの参入が可能であり、設置する側も資金調達が比較的楽になるでしょう。

今後投資が盛んになれば、太陽光発電事業が活性化することを期待します。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 東北電力 選べる2プランの卒FIT向け新サービスを開始

    3月16日、東北電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終わる太陽光発電ユーザー向けの新サービス「よりそうスマートホーム+」を発表しました。 同サー...続きを見る

  • 出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

    出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。 プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」...続きを見る

  • 宇都宮市清原工業団地で事業所間連携によるスマエネ事業が開始

    栃木県宇都宮市にて、スマエネ事業が本格始動しました。 今回の事業は、清原工業団地内に「清原スマートエネルギーセンター」を設立し、連携企業間で電力と熱を共有することで、エネルギ...続きを見る