エコの輪クラウドファンディング 4・9号ファンドの運用・分配実績を発表

株式会社エコスタイルは、エコの輪太陽光発電ファンド4号と9号の運用・分配実績を発表しました。

「エコの輪クラウドファンディング」は、エコスタイルが展開する1口1万円から投資が可能な太陽光投資ファンド事業です。

4号ファンド4期目の年間総発電量は262,845kWhで、予想発電量に対して117.02%となり、システムの予想を上回る結果となりました。

1口当たりの分配額は、計画比114.91%となる56,251円。

9号ファンド3期目の年間総発電量は190,910kWhとなり、予想発電量に対して112.53%と、4号ファンドと同様好調となっています。

1口あたりの分配額は、計画比112.44%にあたる8,500円です。

どちらも春から秋にかけての発電量の予想を上回る月が多く、好調な運用を後押しする結果となりました。

参入の敷居を下げるクラウドファンディング

太陽光発電は設置に多額の資金が必要となり、資産の運用という面では参入が難しい面がありました。

今回のようなクラウドファンディング型の投資であれば、小額からの参入が可能であり、設置する側も資金調達が比較的楽になるでしょう。

今後投資が盛んになれば、太陽光発電事業が活性化することを期待します。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

    2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。 新たな価格設定は下記のようになります。...続きを見る

  • エクソルが太陽光発電用の外部コンセントキットを発売 災害時の非常用電源に

    株式会社エクソルから、太陽光発電所の自立運転機能用外部コンセントキット「救電BOX」の発売が発表されました。 新設・既設問わず、野立て太陽光発電所に取り付けることで、停電など...続きを見る

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る