富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。

調査は、次世代太陽電池を商用化している、もしくは商用化にめどが付いている国内外企業23社を対象に実施。

次世代太陽光電池の種類としては、

  • ペロブスカイト(PSC)
  • 色素増感(DSC)
  • 有機薄膜(OPV)
  • ガリウムヒ素(GaAs)

などが挙げられます。

2030年には、各種次世代太陽電池の商用化と用途拡大により、既存の太陽電池市場に対し、約1割の市場規模を占めると予測。

ただし、既存太陽電池からの代替を進めるには、次世代太陽電池の価格競争力を高めていくことが課題です。

次世代太陽光電池により太陽光発電はどう変わるのか?

次世代太陽光電池が発展すると、利便性や変換効率、出力の向上などが期待できます。

たとえば、色素増感太陽光電池(DSC)は発電能力が高く、屋内外問わず一定光量で常時発電が可能になります。

有機薄膜太陽光電池(OPV)は半透明でも発電が可能で窓にできるほか、壁面などにも設置が可能です。

太陽光発電の技術が向上し、自然エネルギーだけで電力を賄える日もいつか訪れるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

    出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。 プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る