出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。

プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」で、現状は建設前の段階です。

商業運転開始は2020年中を予定。

プロジェクトへはフィリピンの再生可能エネルギー事業を手掛ける「PowerSource Group Development Corporation社」の子会社へ出資をする形で参画します。

今回のプロジェクトで作られる発電所の発電規模は8万900kWほどで、作られた電力はすべてマニラ電力が買い取ります。

大手エネルギー企業の再生可能エネルギー事情

出光興産株式会社といえば、ガソリンなどの石油類を精製・販売する大手企業です。

同社が2019年11月14日に発表した中期経営計画を見てみると、主製品の石油類の需要が低下する可能性も考慮し、再生可能エネルギーへの事業展開を掲げています

太陽光発電については、日照条件や政策の条件が整っている北米・東南アジアでのメガソーラー開発も予定しており、今回のプロジェクト参画もその一角と言えるでしょう。

世界的な脱炭素社会に向け、大手エネルギー企業では先を見越した戦略が練られています。

今後、国外での再生可能エネルギー事業の需要も増えていくことを考えると、各企業はグローバルな営業戦略が求められるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 2/26 スマートエネルギーWeek 2020が開幕

    世界最大級のエネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイトにて開幕します。 開催期間は2020年2月26日(水)~2月28日(金)。 1,5...続きを見る

  • 災害時にも使える!太陽光発電を取り付けた軽トラキャンピングカー

    最近注目を集めている「軽トラキャンピングカー」をご存じでしょうか? 軽トラックの荷台に小屋を付けて寝泊りできるようにした、手作りのキャンピングカーです。 DIYで小屋を...続きを見る

  • LGエレクトロニクス 2019年第4四半期と通年の業績を発表

    韓国の電子機器メーカーLGエレクトロニクスが、2019年10~12月の第4四半期と通年の業績を発表しました。 第4四半期の売上高は16兆612億ウォン。 前年同期に対し...続きを見る