出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。

プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」で、現状は建設前の段階です。

商業運転開始は2020年中を予定。

プロジェクトへはフィリピンの再生可能エネルギー事業を手掛ける「PowerSource Group Development Corporation社」の子会社へ出資をする形で参画します。

今回のプロジェクトで作られる発電所の発電規模は8万900kWほどで、作られた電力はすべてマニラ電力が買い取ります。

大手エネルギー企業の再生可能エネルギー事情

出光興産株式会社といえば、ガソリンなどの石油類を精製・販売する大手企業です。

同社が2019年11月14日に発表した中期経営計画を見てみると、主製品の石油類の需要が低下する可能性も考慮し、再生可能エネルギーへの事業展開を掲げています

太陽光発電については、日照条件や政策の条件が整っている北米・東南アジアでのメガソーラー開発も予定しており、今回のプロジェクト参画もその一角と言えるでしょう。

世界的な脱炭素社会に向け、大手エネルギー企業では先を見越した戦略が練られています。

今後、国外での再生可能エネルギー事業の需要も増えていくことを考えると、各企業はグローバルな営業戦略が求められるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • ジンコソーラー株式会社 十和田太陽光発電所に18MWのCheetahモジュールを供給

    2020年2月20日、ジンコソーラージャパン株式会社は十和田太陽光発電所に、18MWの太陽光発電モジュールを供給したと発表しました。 十和田太陽光発電所は2019年11月に商...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る

  • 千葉市が防災計画を改定 避難所に太陽光発電など

    千葉市が地域防災計画の見直しを行います。 2019年の台風15号などによる自然災害を受け、新たな改定計画案をホームページ上で発表。 3月2日まで千葉市民に意見を求め、年...続きを見る