京都府 公式HPにて家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけ

3月12日、京都府は公式HPにて、家庭向け太陽光発電の保守点検を呼びかけるコンテンツを掲載しました。

太陽光発電設備の長期安定的な活用を目指して(京都府)

コンテンツには、保守点検の重要性をまとめたパンフレットと、京都府内の太陽光発電保守点検事業者のデータベースを掲載。

また、動画で太陽光発電のメンテナンスを呼びかけるYouTubeチャンネルと、保守点検実態調査結果を近日公開予定です。

メンテナンスの重要性と日ごろからできること

太陽光発電所の保守点検は2017年4月に施行の改正FIT法で義務付けられています

保守点検は太陽光発電設備の異常を見つけ迅速に対処し、長期的に安定して運用するためには必要不可欠です。

家庭向けであれば、パネルや部品の落下、破損パネルからの発火を未然に防ぎ、家族の安全を守るためにも重要です。

点検をしていない太陽光発電設備があれば、はやめに点検事業者へ連絡しましょう。

また、日ごろからご家庭でできることとして、京都府パンフレットでは下記の内容を推奨しています。

  • 点検時期の予定を立てる(設置から1年後、4年後、メーカー保証や出力保証が切れる前など)
  • 地上からの目視による異常の確認
  • 発電量の記録

日ごろの確認は各自で行い、定期点検や異常時は点検事業者に任せる形が理想でしょう。

太陽光発電設備の点検をしっかりと行い、長く安定した運用をしていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 三井E&S 大分の太陽光発電事業を一般企業に売却

    株式会社三井E&Sホールディングス(以下三井E&S)は、2020年2月27日の取締役会において、太陽光発電事業の売却を決定しました。 今回譲渡が決定した「三井...続きを見る

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る