カリフォルニア大学が24時間稼働する太陽光発電のコンセプトを発表

「太陽光発電は夜に発電できない」

近い将来、その常識は技術の発展により打ち破られるかもしれません。

カリフォルニア大学の教授であるジェレミー・マンデイ氏によると、夜間でも少量の発電が可能な太陽光電池を開発中です。

24時間稼働する太陽光発電の秘密は?

マンデイ氏が開発している太陽光電池セルは、「放射冷却」を利用したものです。

放射冷却とは、高温の物体が電磁波(赤外線)を外にだして冷える現象のこと。

マンデイ氏らにより新しく開発中の太陽電池セルは、

  • 日中は太陽の光で発電
  • 夜はセルから放出される熱(赤外線)を利用して発電

しています。

理論上は24時間発電が可能なシステムですが、現代の技術では夜間の発電量は理想的な条件下で1平方メートルあたり最大50ワットと少量です。

しかしマンデイ氏によれば、現段階でも従来の太陽光発電システムより、1日の総発電量は12%増加すると算出しています。

研究が進むことで発電効率が上がることを考えると、将来に期待ができる数字ではないでしょうか。

夜間の放射冷却による発電技術が実用化できれば、太陽光発電の発電効率はさらに向上するでしょう。

エネルギー問題を解決する技術として、これからも太陽光発電から目が離せません。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • パシフィコ・エナジー 和歌山県に111MWの大型太陽光発電所を建築開始

    2月21日、パシフィコ・エナジー株式会社は、和歌山県西牟婁郡に大型太陽光発電所を建築すると発表しました。 今回建築予定の太陽光発電所は、和歌山県内で最大級の規模であり、発電容...続きを見る

  • 国立競技場 天井用建材にカネカ製結晶系シースルー太陽電池を採用

    東京2020オリンピック、パラリンピックの会場となる国立競技場で、カネカ製の結晶系シースルー太陽電池が天井用建材に採用されると発表されました。 国立競技場で発電された電気は、...続きを見る

  • ジンコソーラー株式会社 十和田太陽光発電所に18MWのCheetahモジュールを供給

    2020年2月20日、ジンコソーラージャパン株式会社は十和田太陽光発電所に、18MWの太陽光発電モジュールを供給したと発表しました。 十和田太陽光発電所は2019年11月に商...続きを見る