カリフォルニア大学が24時間稼働する太陽光発電のコンセプトを発表

「太陽光発電は夜に発電できない」

近い将来、その常識は技術の発展により打ち破られるかもしれません。

カリフォルニア大学の教授であるジェレミー・マンデイ氏によると、夜間でも少量の発電が可能な太陽光電池を開発中です。

24時間稼働する太陽光発電の秘密は?

マンデイ氏が開発している太陽光電池セルは、「放射冷却」を利用したものです。

放射冷却とは、高温の物体が電磁波(赤外線)を外にだして冷える現象のこと。

マンデイ氏らにより新しく開発中の太陽電池セルは、

  • 日中は太陽の光で発電
  • 夜はセルから放出される熱(赤外線)を利用して発電

しています。

理論上は24時間発電が可能なシステムですが、現代の技術では夜間の発電量は理想的な条件下で1平方メートルあたり最大50ワットと少量です。

しかしマンデイ氏によれば、現段階でも従来の太陽光発電システムより、1日の総発電量は12%増加すると算出しています。

研究が進むことで発電効率が上がることを考えると、将来に期待ができる数字ではないでしょうか。

夜間の放射冷却による発電技術が実用化できれば、太陽光発電の発電効率はさらに向上するでしょう。

エネルギー問題を解決する技術として、これからも太陽光発電から目が離せません。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

    出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。 プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」...続きを見る

  • 経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

    2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。 新たな価格設定は下記のようになります。...続きを見る

  • NEDOとパナソニックがペロブスカイト太陽電池モジュールにて世界最高変換効率を達成

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とパナソニックは、ペロブスカイト太陽電池モジュールで世界最高のエネルギー変換効率16.09%(2020年1月20日時点)を達成したと発...続きを見る