営農型太陽光発電の架台開発 傾斜地での作業、大型農機も使用可能に 

千葉エコ・エネルギー株式会社と、株式会社クリーンエナジージャパンは、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)のさらなる普及に向け、新しい架台を共同で開発しました。

従来の営農型太陽光発電設備では架台が一体となる構造が一般的で、下記のような課題が発生していました。

  • 設備の自由度が低い
  • 大型農機が使えない
  • 大規模農地での設置が非効率
  • 傾斜地に設置できない

これらの課題を解決すべく、新しく開発された架台は支柱を1本にして設置の自由度を高めることに成功しています。

支柱が減ることでスペースに余裕が生まれ、大型農機を使うことも可能です。

牧草地や果樹園といった傾斜地への設置も可能になり、幅広いニーズに対応できるようになりました。

ソーラーシェアリングで農地をさらに活用

ソーラーシェアリングとは、農地に背の高い支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行うことを言います。

2013年に農林水産省から許可が下り、農地を一時的に転用することが可能となりました。

農家の収入安定や、転用が難しい休耕地を活用できる手段として、近年注目を集めています。

今回開発された新しい架台により、これまで設置の難しかった農地でもソーラーシェアリングが広がりを見せる可能性もあるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • ダイキアクシスが太陽光、小型風力発電に環境債30億円を発行

    1月31日、環境機器と住宅機器を取り扱う株式会社ダイキアクシスから、30億円の環境債を発行すると発表されました。 社積名称は「株式会社ダイキアクシス第1回無担保社債(適格機関...続きを見る

  • 2/28 太陽光発電の運用保守と資産管理について学ぶディナーイベントが開催

    2020年6月4日、5日に開催される「ソーラーアセットマネジメントアジア」に先駆けたプレイベントが、2020年2月28日(金)18:00~21:00に催されます。 「ソーラー...続きを見る

  • 太陽光発電と蓄電池を遠隔制御 山口県と中国電力が実証試験

    山口県と中国電力株式会社は,県有施設に設置している太陽光発電所と蓄電池設備の遠隔制御技術の実証試験を3月から開始します。 今回の実証実験は、地域の防災機能の向上や太陽光発電の...続きを見る