東北電力 選べる2プランの卒FIT向け新サービスを開始

3月16日、東北電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終わる太陽光発電ユーザー向けの新サービス「よりそうスマートホーム+」を発表しました。

同サービスは東北電力が展開する「ツナガルでんき」の新サービス。

利用者は、住宅に設置するホームデバイス「Cube」とスマートフォン用アプリ「eホーム」を導入することで、下記のサービスを受けられます。

  • 家庭用太陽光発電の売電量などをリアルタイム確認
  • 売電量が事前に設定した値を下回った場合に通知
  • eホームは無料アプリ「家電手帳」と連携し、家電の保証書などをアプリ上で管理

更に追加サービスとして、部屋の温湿度をセンサーで感知し、自動で空調制御を行う「プランA」と、カメラとモーションセンサーを活用し住宅を見守る「プランB」のどちらかを選択することができます。

各種サービスは、Cubeなど必要機器購入代14,300円(税込・送料込)と、月額利用料110円(税込)で利用可能です。

また、月額利用料は2021年3月まで無料でご提供することを発表しています。

2019年からはじまった卒FIT

固定価格買取制度(FIT)は、2009年にスタートして2020年現在で11年目です。

FIT価格で電力の買取が保証されている期間は10年間のため、2019年から順次期限切れの発電所がでてきています

今回のような売電̟+アルファのサービスは、今後ますます増えていく卒FITユーザーの注目を集めるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 2/26 スマートエネルギーWeek 2020が開幕

    世界最大級のエネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイトにて開幕します。 開催期間は2020年2月26日(水)~2月28日(金)。 1,5...続きを見る

  • 台湾 国有財産署が太陽光発電促進のため公有地の事業者入札を実施

    台湾財政省の国有財産署は、太陽光発電のための公有地の貸し出しを実施。 事業者入札が行われ、2020年は2月と4月の2回に分けて12.48ヘクタールの土地が貸し出される予定です...続きを見る

  • 欧州宇宙機関(ESA) 極薄の太陽電池の開発

    欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙で使用する設備の重量出力比を向上させるため、柔軟・極薄の太陽電池の開発を行っています。 開発中の太陽電池は厚さ0.02 mmと非常に薄く、曲げる...続きを見る