太陽光発電と蓄電池を遠隔制御 山口県と中国電力が実証試験

山口県と中国電力株式会社は,県有施設に設置している太陽光発電所と蓄電池設備の遠隔制御技術の実証試験を3月から開始します。

今回の実証実験は、地域の防災機能の向上や太陽光発電の有効活用などを目的としています。

具体的な試験の内容は、太陽光発電所、および蓄電池設備などの運転状態の遠隔監視と、平常時における蓄電池の充放電制御です。

遠隔制御による恩恵

試験により得られる効果は下記のとおりです。

  • 遠隔状態監視による設備異常の早期発見、防災機能の維持
  • 適度な充放電による蓄電池の劣化防止
  • 平常時における蓄電池の遠隔充放電制御による、太陽光発電設備の活用促進と電力安定化の両立

遠隔制御による恩恵で大きく感じられるのは、設備異常の早期発見でしょう。

災害時に異常が発生した際も迅速な対応がとれるほか、発電能力が生きているかの確認がとりやすくなります。

また、長期運用の観点でも蓄電池の寿命向上や、定期的なメンテナンスによる発電量の維持は大きなメリットとなるでしょう。

一部の企業では太陽光発電の遠隔監視サービスや、ドローンを活用した点検サービスを提供しています。

今後の太陽光発電所の点検・メンテナンスは、遠隔制御技術を活用したサービスが主流になっていく可能性が高いでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 2/26 スマートエネルギーWeek 2020が開幕

    世界最大級のエネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイトにて開幕します。 開催期間は2020年2月26日(水)~2月28日(金)。 1,5...続きを見る

  • 経済産業省が2020年度のFIT価格を正式決定

    2020年3月23日、経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の2020年度における買取価格などを発表しました。 新たな価格設定は下記のようになります。...続きを見る

  • 中部電力とLooopがイオンモールへ太陽光発電サービスを提供

    中部電力株式会社と株式会社Looopは、イオンモール株式会社が運営する商業施設に太陽光発電を利用した自家消費サービスを提供すると発表しました。 太陽光発電設備は中部電力とLo...続きを見る