ジンコソーラー株式会社 十和田太陽光発電所に18MWのCheetahモジュールを供給

2020年2月20日、ジンコソーラージャパン株式会社は十和田太陽光発電所に、18MWの太陽光発電モジュールを供給したと発表しました。

十和田太陽光発電所は2019年11月に商業稼働を開始した、青森県の大型太陽光発電所で、年間発電量は約20000MWh。

運用・保守はヴィーナ・エナジーの子会社であるNREオペレーションズ株式会社が行っています。

同発電所に供給された太陽光発電モジュールが、ジンコソーラーホールディングの主力製品のひとつ「Cheetah」です。

Cheetahは最高出力400W、最高変換効率20.38%を誇る高性能モジュールとなっています。

世界をリードするジンコソーラー

ジンコソーラーホールディングは2006年に中国江⻄省で創立したメーカーで、自社を太陽光発電産業のグローバルリーダーとしています。

その技術力は確かなもので、主力製品は出力・変換効率が高く、両面で発電を行なえるタイプも売り出しています。

2013年には日本にも進出しており、今回の十和田太陽光発電所への供給により日本市場へのモジュール累計出荷量は3GWを超えました。

これから更に勢力をのばすと予想されるジンコソーラー。

日本の太陽光発電産業も負けていられません。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 宮城県丸森町 再エネ計画の説明義務化にむけて条例制定の方針を固める

    宮城県丸森町は、太陽光発電などの再生可能エネルギー発電所の設置を計画する事業者に、町との事前協議や住民説明会を義務付ける条例を制定する方針を固めました。 同条例は3月3日の町...続きを見る

  • 諏訪市「霧ケ峰の自然を守る会」 メガソーラー事業規制強化の条例モデルについて議論

    諏訪市の有志でつくられた「霧ケ峰の自然を守る会」などは、霧ケ峰高原近くで進むメガソーラー建設に関する集会を開催。 同会はメガソーラー設置の規制強化を目指し、新しい条例のモデル...続きを見る

  • 富士経済 次世代太陽電池市場が2030年に4563億円規模へ拡大と予測

    富士経済は次世代太陽電池の世界市場を調査した結果、対象となる次世代太陽電池の世界市場は、2019年の見込み市場規模6億円に対し、2030年は4563億円に拡大すると予測しました。 ...続きを見る