ジンコソーラー株式会社 十和田太陽光発電所に18MWのCheetahモジュールを供給

2020年2月20日、ジンコソーラージャパン株式会社は十和田太陽光発電所に、18MWの太陽光発電モジュールを供給したと発表しました。

十和田太陽光発電所は2019年11月に商業稼働を開始した、青森県の大型太陽光発電所で、年間発電量は約20000MWh。

運用・保守はヴィーナ・エナジーの子会社であるNREオペレーションズ株式会社が行っています。

同発電所に供給された太陽光発電モジュールが、ジンコソーラーホールディングの主力製品のひとつ「Cheetah」です。

Cheetahは最高出力400W、最高変換効率20.38%を誇る高性能モジュールとなっています。

世界をリードするジンコソーラー

ジンコソーラーホールディングは2006年に中国江⻄省で創立したメーカーで、自社を太陽光発電産業のグローバルリーダーとしています。

その技術力は確かなもので、主力製品は出力・変換効率が高く、両面で発電を行なえるタイプも売り出しています。

2013年には日本にも進出しており、今回の十和田太陽光発電所への供給により日本市場へのモジュール累計出荷量は3GWを超えました。

これから更に勢力をのばすと予想されるジンコソーラー。

日本の太陽光発電産業も負けていられません。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

  • 出光興産 フィリピンでの大規模太陽光発電プロジェクトに参画

    出光興産株式会社は、フィリピン(ブラカン州)の大規模ソーラー発電所プロジェクトに参画します。 プロジェクト名は「PowerSource First Bulacan Sola」...続きを見る

  • 三井E&S 大分の太陽光発電事業を一般企業に売却

    株式会社三井E&Sホールディングス(以下三井E&S)は、2020年2月27日の取締役会において、太陽光発電事業の売却を決定しました。 今回譲渡が決定した「三井...続きを見る

  • コムシス情報システム AIを活用した点検システムを展示

    コムシス情報システム株式会社は、「電力・ガス新ビジネス EXPO 2020」に出展し、AIを利用した企業向けの点検システムを展示しました。 展示された太陽光発電所ドローン自動...続きを見る